赤味噌キット

赤味噌キット

 

先ず、赤味噌はどんなお味噌かご紹介させていただきます。赤味噌(八丁味噌)は主に愛知県を中心とした東海3県(愛知県、三重県、岐阜県)が生産地となります。元々、赤味噌(八丁味噌)は愛知県のみそ屋が命名したブランド名で正式には豆味噌としての名称になりますので赤味噌(八丁味噌)として販売できるのは岡崎市にあるカクキューの八丁味噌になります。

赤味噌(八丁味噌)の原材料構成は全て豆から豆麹を作り塩水を入れて2年以上寝かして製造しているのメーカ情報になります。日本全国では様々な原料で作られるお味噌がありますが、基本的には米を麹にした米麹に大豆と塩を加えた米麹味噌が支流で一部地域、九州、四国地方は麦を原料として作った麦麹に大豆と塩を加えた麦味噌が御座います。

赤味噌(八丁味噌)は豆だけで作る味噌で全国的には愛知県三河地方を中心とした東海3県になり特殊なお味噌に分類されます。豆だけで作る味噌になりますので味噌の区分としては豆味噌と呼ばれるのが一般的です。

先ず、赤味噌はどんなお味噌かご紹介させていただきます。赤味噌(八丁味噌)は主に愛知県を中心とした東海3県(愛知県、三重県、岐阜県)が生産地となります。元々、赤味噌(八丁味噌)は愛知県のみそ屋が命名したブランド名で正式には豆味噌としての名称になりますので赤味噌(八丁味噌)として販売できるのは岡崎市にあるカクキューの八丁味噌になります。

赤味噌(八丁味噌)の原材料構成は全て豆から豆麹を作り塩水を入れて2年以上寝かして製造しているのメーカ情報になります。日本全国では様々な原料で作られるお味噌がありますが、基本的には米を麹にした米麹に大豆と塩を加えた米麹味噌が支流で一部地域、九州、四国地方は麦を原料として作った麦麹に大豆と塩を加えた麦味噌が御座います。
赤味噌(八丁味噌)は豆だけで作る味噌で全国的には愛知県三河地方を中心とした東海3県になり特殊なお味噌に分類されます。豆だけで作る味噌になりますので味噌の区分としては豆味噌と呼ばれるのが一般的です。

さて、本題に戻りまして当店で販売しております赤味噌キット(豆味噌キット)のご紹介です。

手作り味噌セット(豆味噌)/約5キロ出来上がり カンタン!手作り味噌セット【豆味噌】約5キロ出来上がり
商品詳細
商品詳細
商品名:手作り味噌セット(豆味噌)/5キロ出来上がり 商品名:カンタン!手作り味噌セット(豆味噌)/5キロ出来上がり
内容量
米こうじ650グラム・豆こうじ1キロ、北海道産大粒大豆1.3キロ、赤穂のあらじお 600グラム
内容量:米こうじ650グラム・豆こうじ1キロ、塩入潰し大豆3.2キロ
原材料名
 【生こうじ】品種:あいちのかおり、産地:愛知県
 【大豆】産地:北海道、銘柄:とよまさり(白目大豆)
 【塩】赤穂産
原材料名
 【生こうじ】品種:あいちのかおり、産地:愛知県
 【大豆】産地:北海道、銘柄:とよまさり(白目大豆)
 【塩】赤穂産
アレルギー表示
〇本製品の他に同じ施設内で大豆・小麦を含む製品を製造しております。
アレルギー表示
〇本製品の他に同じ施設内で「大豆・小麦」を含む製品を製造しております。
保存方法:要冷蔵(10℃以下で保存)
〇麹生産日より冷蔵で1週間保管可能(長期保存の場合は冷凍庫で6か月以内)
〇冷蔵庫で保存できない場合はセットの塩を混ぜてください。
(塩切りの状態にすることで常温で1週間保管できます。)
保存方法:要冷蔵(10℃以下で保存)
〇麹生産日より冷蔵で1週間保管可能(長期保存の場合は冷凍庫で6か月以内)
〇つぶし大豆:商品到着日より冷蔵で5日
真空包装について:当店のこうじ麹は配送の際コンパクトにする為真空包装をしております。配送中の揺れなどで真空状態が外れてしまう場合がございますが生こうじの品質に問題はございませんのでご安心ください。 真空包装について:当店のこうじ麹は配送の際コンパクトにする為真空包装をしております。配送中の揺れなどで真空状態が外れてしまう場合がございますが生こうじの品質に問題はございませんのでご安心ください。

 

上記が当店で取り扱っている赤味噌キット(豆味噌キット)です。こちらの赤味噌手作りキット(豆味噌キット)は八丁味噌と違い100%豆で作るっセットでは御座いません。当店の赤味噌手作りキット(豆味噌キット)は米麹が少し入る為、麹のまろやかさが加わった赤味噌手作りキット(豆味噌キット)になります。実はこちらの赤味噌手作りキット(豆味噌キット)は当店の愛知県のお客様に教えていただいたレシピになります。本場の愛知県でも色々な組み合わせの赤味噌手作りキットを使ってお味噌を作っているそうです。

豆こうじ1キロ

 

赤味噌キットではありませんが豆麹のみで作る方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

麹の消費期限

次の記事

糀の賞味期限