金山寺味噌

金山寺味噌

【金山寺味噌とは】

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)により引用しました。

径山寺味噌(きんざんじみそ)は、和歌山県千葉県静岡県等で生産されている、嘗(なめ)味噌の一種。中国から紀州興国寺 (和歌山県由良町)に伝わった径山寺味噌(徑山寺味噌、きんざんじみそ)が原型となった。由良に近い湯浅に味噌づくりが広がり、その工程で滲み出した液体から醤油がつくられるようになったと言い伝えられており、「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅として日本遺産の一つに認定されている[1]

和歌山県の特産品として和歌山県推薦優良土産品に指定されているほか、千葉県でも特産品推奨土産品として扱われている。

金山寺味噌の主な販売地域は和歌山県、千葉県、静岡県が主な産地で多くのお店で販売されています。

主な生産者は金山寺専門で販売しているお店から当店のように金山寺麹を生産しながら金山寺味噌を生産している麹屋などがあります。

全国の主な金山寺味噌の販売店はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によると

  • 堀河屋野村(和歌山県)
  • 丸新本家(和歌山県)
  • 天田屋(和歌山県)
  • あみ清数見商店(和歌山県)
  • ダイフク食品(和歌山県)
  • 大阪味噌醸造(大阪府)
  • ますやみそ(広島県)
  • 浅野味噌(広島県)
  • カネジュウ食品(静岡県)
  • 鈴木こうじ店(静岡県)
  • 小川屋味噌店(千葉県)
  • 池田屋醸造(熊本県)
  • 丸正稲垣(長野県)

上記が全国主な金山寺味噌の販売店になります。

次に当店で販売しております。金山寺味噌の紹介です。

カップ詰めと、袋詰めに種類が御座います。

材料構成は金山寺麹、ナス、ショウガ、昆布、塩、みりん、三温糖をです。

食品添加物は一切使用いていなし自然食品になります。

当店地元、静岡の特徴としては金山寺麹に小麦を使用しているところです。

一般的には金山寺麹は大麦使用で金山寺麹を作っているところが多く見かけます。

小麦は主にパンの生地に使われますが金山寺に使うと甘さが出て金山寺自体に自然な甘さが熟成中に増し美味しく仕上がるのが特徴です。

当店の金山寺味噌はどちらかというと男性に好まれる様です。

お酒のおつまみにきゅうりの上に載せて食べると最高ですと!!

良く耳にします。

金山寺味噌の販売は主に店頭にての販売になりますが、ご要望で地方発送もいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

麦麹作り

次の記事

味噌の塩分濃度