手作り味噌を10キロ作りたいのですが材料をどのくらい用意したらよいのかとの問い合わせを良くいただきます。手作り味噌10キロを作るに用意する材料は麹と大豆と塩になります。

まず基本となる材料の麹の説明です。

上記の写真は米麹の写真になります。

上記の写真は麦麹の写真になります。

上記の写真は豆麹になります。

日本全国で味噌作りに使用する麹は上記の米麹、麦麹、豆麹になります。米麹で作る味噌が圧倒的に多いと思われます。次に地域柄、九州、四国地方では麦麹を使った味噌が多いと思われます。豆麹は愛知県三河地方が主でその周辺の地域が限定されると言われます。

次に手作り味噌10キロを作るにあたって必要な材料は大豆になります。

大豆は何処の地域の大豆でも大丈夫ですが、比較的、品質良く収量が多い北海道産大豆で作る方が多いと思われます。地産地消で最近は地元の大豆で作ったお味噌の多く出回っているようです。

最後にお塩は何処のお塩でも大丈夫ですが一般的には瀬戸内海物が多いと思われます。お塩は低価格の物から沖縄、奄美地方など高価格ですが高品質なお塩も多く見かけます。手作り味噌10キロに対してお塩の配合は10%セントから12%必要ですので1キロ強必要ですのでこだわりのお味噌を作られる場合はやや高めから高品質のお塩がお勧めです。但し低価格のお塩でも全く問題なく手作り味噌10キロは出来上がります。

手作り味噌10キロを作るにあたって用意する材料はご理解ができたと思いますが、材料構成をどの位にしたらよいかとの疑問が出てきます。基本的材料として当店の手作り味噌10キロという商品がございます。

こちらの商品は米麹3キロ、大豆2.6キロ、あらじお1200グラム(内訳は米麹1.5キロ×2北海道産大豆1.3キロ×2あらじお600グラム×2)というセット商品がございます。米麹は3キロ、大豆は水に戻して2倍の約5.2キロ強になります。塩はそのまま1.2キロ合計の目方を計算すると手作り味噌10キロの出来上がりになります。また手作り味噌10キロ作る材料構成を変え、麹の割合を増やしたり大豆の割合を増やしたりする方法もございます。例えば麹1キロ大豆1キロ塩350グラムで約3.5キロ弱のお味噌が出来ますので3倍の計算で米麹3キロ大豆3キロ塩1キロで手作り味噌10キロが出来上がります。また麹を3キロ大豆を2キロ塩1キロで約8キロが出来上がります。以上の様に麹を多くなれば円やかな甘めのお味噌が出来上がります。大豆を多くすることであっさり渋めの手作り味噌10キロが出来上がります。

まずお勧めは基本の米麹で手作り味噌10キロを作っていただき慣れてきたら麹の割合、麹の種類を変えてみては如何でしょうか?

当店の手作り味噌10キロ出来上がりはこちらでお買い求めできます。