自家製味噌キットは麹を作られている業者様が製造販売をしている場合か麹を作られている麹屋、味噌屋などがセレクトショップに委託版倍されている場合が御座います。

上記の自家製味噌キットは当店で販売しております手作り自家製味噌キットになります。自家製味噌キットは製造販売元で様々な種類が御座います。

自家製味噌キットの内容は各社、ほとんど同じ内容で出来上がりキロ数、麹の種類、大豆の産地、塩が含まれる場合は塩の産地、また甘口、辛口の仕上がりタイプというように非常にバラエティーに富んだ商品構成になります。

先ず、自家製味噌キットの内容の麹の種類から説明します。自家製味噌を作るにあたって麹、大豆、塩は絶対に必要な材料です。その一つの麹には基本的に米で作った米麹、麦で作った麦麹、特殊ですが豆で作った豆麹があります。

米麹にも色々な産地の米で作られ、有機米使用の米で作る麹屋もあります。米麹で作る自家製味噌が最もポピラーで日本全国でも多くの地域で米麹味噌が一般的になっております。

(写真は米麹)

また、米の精米歩合を3分・5分・7分づき精米で麹にした玄米麹を販売している麹屋もあります。健康志向な方、普段から玄米中心に食事をとられている方などお勧めです。

(写真は玄米麹)

次に九州地方、四国地方の方が主に自家製味噌キットとして使われる麦麹が御座います。

(写真は麦麹)

次に特殊ですが愛知県を中心とした三河地区は昔から豆麹を使った豆味噌を自家製味噌キットして使われております。

(写真は豆麹)

次に自家製味噌キット使われている大豆の説明になります。大豆は国産の大豆、輸入物の大豆、大豆の産地、大豆の品種と様々なものになります。日本全国で販売されているお味噌の材料は安価なものから高価なものと様々ですが安価なお味噌は比較的輸入物の大豆を使用している場合が多いと思われます。自家製味噌キットで作る目的は美味しく、安全で安心なお味噌を作ってみたいとのご要望が多い為、販売されている自家製味噌キットは殆どが国産大豆を使用している自家製味噌キットが多いと思われます。ちなみに現在、日本に流通しているお味噌の90%強は輸入大豆を使ったお味噌だと言われております。

(写真は北海道産白目大豆)

大豆は白目系、青系大豆が主にお味噌として使われます。また北海道産大豆はお味噌の加工用として貴重で美味しく仕上がると言われております。また、こだわり抜いた大豆はJAS有機大豆がお勧めです。

(北海道産JAS有機大豆)

最後に自家製味噌キットに必要な塩になります。

塩も様々な種類が御座います。安価なものから1キロ当たり1.000円以上するお塩も御座います。お味噌は安価な塩でも確実に出来上がります。但し、お味噌の中には基本的に10%前後のお塩が絶対に必要です。お塩で間違いなく味噌の味が左右されてきますので自家製味噌キットでお味噌を仕込むにあたりあまりにも安価なお塩はお勧めできません。

以上が自家製味噌キットのご購入に関しての説明になります。